10歳のプードルに食べさせたい!老犬用ドッグフードを選ぶ基準とは


「うちのマロンちゃんも10歳になって食欲も落ちてきたみたいだし、

そろそろ老犬用のドッグフードに変えようかなぁ。

でも、どの老犬用ドッグフードにしたらいいんだろう?

プードル 10歳 老犬用ドッグフード
と、あなたはスーパーの棚の前で悩んでいるのかもしれません。

 

その気持ちわかります。
10年近くそばで一緒に過ごしてきた愛犬のプードルですから、

少しでも良いドッグフードを食べさせたい!

という気持ちは飼い主として自然な感情です。

 

今はたくさんのメーカーが老犬用のドッグフードを作ってますから

悩んでしまうのもしょうがないんです。

 

そこで老犬用のドッグフードを選ぶ際の、

最も重要なポイントを解説していきたいと思います。

老犬用ドッグフードで1番重視したいポイントはコレ!

老犬(シニア犬)というのは犬の一生の半分を過ぎているでしょうから、

体の基礎的な機能が落ちてきています。

 

例えば基礎代謝や消化吸収機能が目立って落ちてきます。

 

そのため、ドッグフードを食べる量、

いわゆる摂取カロリーを減らしていく必要があります。

 

なので、今のまま成犬用ドッグフードを

食べさせ続けていると太ってしまうんです。

トイプードル 肥満
それが老犬用ドッグフードに変える最大の理由なんですね。

 

「そっか、じゃあ老犬用ドッグフードはカロリー低めで選べばいいのね!」

 

と考えるのはまだちょっと気が早いんです。

 

注意点として、

老犬は摂取カロリーを減らす必要はあるけれども、

動物性タンパク質はむしろ多く必要になってくる、ということです。

 

なぜかというと、消化吸収機能が下がる、ということは

体が効率よく動物性タンパク質を吸収してくれないので、

より多くの動物性タンパク質を摂取しないと

筋肉が落ちていってしまうからです。

 

筋肉が落ちる=老化です。

 

このように、カロリーのみで老犬用ドッグフードを選んでしまうと、

タンパク質不足により筋力低下してしまい、

後ろ足が立たなくなり散歩に行けず、

夜一人でトイレも行けずお漏らし、

寝たきりで辛そうな老後を眺めて過ごす・・・

 

といったことも珍しくありません。

特にプードルは脚が細いので、後ろ足の弱りが顕著です。

 

カロリーが低いだけでなく、

きちんと動物性タンパク質の多い老犬用ドッグフードを選びましょう。

市販の老犬用のドッグフードにある特徴とは?

あなたは近くにある老犬用ドッグフードを販売しているお店で

愛犬のためにアレじゃないコレじゃない、

と色んな老犬用ドッグフードをチェックしてまわったと思います。

 

その時にラベル等を確認していると思いますが、

老犬用ドッグフード

こんな表記の老犬用ドッグフードが大半ではありませんでしたか?

 

原材料の表記に従うと、

1番多く含まれているのがトウモロコシと小麦粉の「穀類」です。

穀類を使って大半のタンパク質を摂取するように作られています。

 

「穀物が1番多いなんてヘルシーで老犬に向いてそう!」

と思われるかもしれません。

 

ですが、いままでの犬の歴史をちょっと考えてみて欲しいんです。

 

ワンちゃんは古来より獣肉を食べ続けてきました。

その中でも特に鹿を好んで狙って狩りをしていました。

 

その性質は今でも変わってませんし、

老犬になっても変わりません。

 

先ほどから連呼しているように、

動物性蛋白質

重要なのは「動物性」のタンパク質なんです。

ワンちゃんは「植物性」タンパク質なんて求めていないんですね。

 

なのでこういった近くの店に市販で販売されているような

植物性タンパク質が豊富な老犬用ドッグフードを

10歳のプードルに与え続けていると体に合わず、

動物性タンパク質が不足して筋肉が衰えて当然なのです。

 

「10歳を迎えたプードルのためにこれからももっと元気で過ごして欲しい!」

 

という思いのもと老犬用ドッグフードを買ったのに、

 

より筋肉が衰えて老化が促進してしまった、

 

という笑えない事態だけは避けなければなりません。

動物性タンパク質を効率良く摂取できる老犬用ドッグフードはコレ!

このように、

身の回りで老犬用ドッグフードを探すのは実は難しいんです。

老犬用なのに老犬用ではないのですから。

 

ですが、その中でも高タンパク低カロリーの

理想的な老犬用ドッグフードとして

最もおすすめできるのが鹿肉ドッグフードです。

 

この鹿肉ドッグフードは100グラムに対して、

タンパク質26%以上:脂肪8%以下と、

かなり高タンパク低脂肪なドッグフードになっています。

 

つまり、無駄に太ること無く良質なタンパク質を、

効率良く摂取することができる老犬にとって理想的なドッグフードなんですね。

 

この鹿肉ドッグフードであれば脂肪太りの心配もなく、

良質な動物性タンパク質を効率良く与えられるので非常におすすめですよ。

管理人

管理人

無添加ドックフードマイスターの「yuki」です。あなたとワンちゃんの最高の幸せをサポートします。無添加ドックフードに関しての質問も受け付けているので、お気軽にどうぞ。

無添加ドックフードランキングBEST3

第1位 ナチュラルドックフード
(NDF)

 [商品レビュー]

 イギリス産の無添加ドックフードで、
現在一番売れている商品。

 天然のハーブを保存料代わりに
使うなどのこだわり方は、
郡を抜いています。

 どのドックフードにしようか迷っているんだったら、間違いなくこれでOK!!

 一日の食費も約120円という高コストパフォーマンス。

第2位 カナガンドックフード

 [商品レビュー]

  犬の体調を整える為に専門的に作られた商品。アレルギーや太りすぎに効果抜群

  全犬種対応で、食いつきはなんと驚きの100%!!野生本来の体に戻すことを基本理念としている

 特に太りすぎのワンちゃんに効果抜群!!栄養が効率よく吸収されるので、ワンちゃんが食べ過ぎません。

  ワンちゃんが消化できない穀物を一切つかっていません(グレインフリー)。なので、穀物アレルギーのワンちゃんにはこれしかないでしょう。

 一日の食費も約120円という高コストパフォーマンス。

第3位 ファインペッツ

 [商品レビュー]

  愛犬の毛並みやウンチの状態を完璧にコントロールしてくれる。ファインペッツ1つでOK。

  全犬種対応で、保存料や人工添加物は一切使っていない。

  ダニや穀物アレルギー、内臓疾患等、様々な食に関する病気にかからない体作りを手伝ってくれます。

 なんとお試し価格で、1kg2200円が1kg525円にまで安くなってます。
これは、驚きの業界最安値です!!

カテゴリー

コメントを残す