14歳のマルチーズと遊んでいたら、お腹に赤みを見つけて驚愕(+_+)


 
もう老犬だけど、いまだ元気なマルチーズちゃんに愛をこめて・・・
 
 
14歳マルチーズとじゃれあって、楽しく遊んでいた土曜日の昼下がり
お腹の赤い湿疹を見るまでは、
とっても幸せな時間だったのに・・・

 

 
 
14歳のマルチーズのお腹に
突然、赤い湿疹を発見したら、びっくりしますよね。
 
 
10歳を超えてくると、もう老犬の年齢だし、
何か悪い病気の影響かもしれない・・・
 
 
そう思うと、楽しく遊んでいた気分が
吹っ飛んでしまうのも当然かもしれません。
 
 
 
 
 
こんにちは!ドッグフードマイスターのYukiです。
 
 
と、こんな状況で不安になって
Yukiに電話をしてきたのが、友人の五郎君(仮名)でした。
 
 
 
そんな五郎君に、Yukiはきっぱり言い放ちました。
 
 
「懺悔の気持ちも込めて、
 まともなドッグフードに変えてあげたら?」

 
 
ワンちゃんに責任はないのだから・・・
( この意味がわかるかなぁ・・・ )
 
 
 
 

病院に連れて行くのはいいけど、その後が問題

 
 
10歳をこえたマルチーズのお腹に
赤い湿疹が出てきたとしたら、考えられる原因は2つしかありません。
 
 
 
1.病気
2.皮膚アレルギー

 
 
 
数日で赤みが収まるなら問題ないですけど、
 
1週間しても消えなかったり、悪化するようなら、
病院で診察を受けるべきです。
 
 
 
病気だったら、病院で治療してもらうしかないです。
ちゃんと薬を飲ませてあげることです。
 
基本的に、お医者さんに任せるしかありません。
 
 
 
 
問題は、皮膚アレルギーだったとき。
 
 
散歩中に何かの雑草に触って
アレルギー反応が出てるなら話は簡単ですが、
 
 
アトピー性皮膚炎のように、
体内の原因でアレルギー反応が出てる場合
 
 
 
このとき、どう対応するか?
 
 
 
 
一応、病院から処方された薬(塗り薬など)を服用させ、
それでお腹の赤みが回復すればOK!
 
こう考える人が、ほとんどです。
 
 
念のため、シャンプーを皮膚に良いものに変えみる
という人もいるかも知れません。
 
 
 
が、基本的に考えていることは同じです。
それは、腹の赤みという症状を和らげる、ということ。
 
 
 
 
えっ?それじゃダメなの?
 
って、思いました?
 
 
 
 
全然ダメとは言わないけど、これだけだと、再発する恐れがある!
 
 
 
なぜ、お腹に赤みが出たのか?
なぜ、アレルギー反応が出たのか?

 
 
 
この根本原因から改善しない限り、
対処療法に過ぎず、また問題を繰り返します。
 
 
 
 

人間社会の「花粉症」と同じですね

 
 
こんなこと書くと、
花粉症の人に怒られるかも知れませんが・・・
 
 

 
 
マスクしたり、薬を飲んだり、
さらには、点鼻薬を使っていても、
 
 
根本的な原因から取り除いていないから・・・
対処療法にすぎないから・・・

 
 
毎年、花粉に苦しめられるんです。
 
 
 
 
最近の研究で、花粉症と食生活の関係
徐々に明らかになってきていて、R25にこんな記事がありました。
 

ごく稀ながら「特に対策をしていないのに、急に花粉症が治った」という声を聞くことがある。果たしてそんなことがあり得るのだろうか? アレルギー治療を多く行う、エミーナジョイクリニック銀座の伊東エミナ先生に伺った。
「ある年に突然、花粉症が治ることはあり得ます。一番多いのは、腸内環境の変化によるケース。たとえば美容のために乳酸菌などを摂りはじめたところ、腸内環境が改善されて、花粉症が治ったという方はいらっしゃいます」

http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20150323-00040914-r25
 
 
 
 
アレルギーって、8割以上は食生活が原因ですからね・・・
 
 
 
治らないというのは、ウソです。
 
 
もちろん、体質による違いはあるでしょうが、
食生活をまともにすれば、何かしら改善があるはずです。
 
 
 
 
・アレルギーになったら、完治しない
・アレルギーは体質のせいで、しょうがない

 
 
これは、人間の思い込みです。
 
 
 
ワンちゃんのアレルギーに対しても、
心の底では「完治しないかも」と思ってる飼い主さんが多い。
 
 
人間が食生活が乱れるのは、
まあ、ほとんどすべて自己責任でしょう。

 
特に、日本という国ならば。
 
 
 
でも、ワンちゃんの食生活は、
ワンちゃん自身の責任ではありません。
 
 
 
飼い主の責任です。
 
 
 
これまで、アレルギーになってしまうような
そんな食事(ドッグフード)を与え続けていたことが、
一番の原因なんです。
 
 
 
 

もう老犬だし、手遅れ!?あきらめずに、最適なドッグフードを

 
 
じゃあ、どんな食事(ドッグフード)に変えてあげればいいのか?
 
 
ワンちゃんの身体のことを考えて、
いくつかオススメのドッグフードがありますが、
 
 
 
10歳を超えたシニア(老犬)なら、
鹿肉ドッグフードが、今一番のオススメです。
 
 

鹿肉ドッグフード
 
 
 
 
生の鹿肉から作られたドッグフードで、
もちろん、無添加・無着色料で、安全なものです。

 
 
 
鹿肉を使ったドッグフードは、めずらしい!
 
 
と、気づいた人もいますか?
 
 
鶏肉、牛肉、ラム肉のドッグフードはありましたが、
鹿肉ドッグフードは、ありませんでした。
 
 
 
 
鹿肉は、犬の先祖であるオオカミも食べていたので、
犬にとっては、相性がバッチリの肉です。

 
 
鶏肉や牛肉に比べて、圧倒的にアレルギーにもなりにくいのもポイント!
 
 
 
 
その分、少々値が張りますが・・・
 
 
 
これまで、散々身体にあまり良くない食生活を
ワンちゃんに強いてきたんですから、
 
 
老後(?)くらい、本当に体に良い
おいしい食事(ドッグフード)をあげてください。

 
 
もちろん、お腹の赤みなど
皮膚アレルギーの改善にもつながるはずです。
 
 
 
 
花粉症の話まで出てきて、
かなり盛りだくさんになりましたが・・・(^_^;
 
 
 
これだけは忘れないで下さいね。
 
・痒み止めの塗り薬やシャンプーは対処療法にすぎない
・アレルギーは治らない、体質のせい、は間違い

 
 
 
食生活から見直すことは、遠回りに感じたり、
無意味なことのように思えるかもですが、
 
なんだかんだ言って、一番確実に効果がありますよ。
 
 
 

管理人

管理人

無添加ドックフードマイスターの「yuki」です。あなたとワンちゃんの最高の幸せをサポートします。無添加ドックフードに関しての質問も受け付けているので、お気軽にどうぞ。

無添加ドックフードランキングBEST3

第1位 ナチュラルドックフード
(NDF)

 [商品レビュー]

 イギリス産の無添加ドックフードで、
現在一番売れている商品。

 天然のハーブを保存料代わりに
使うなどのこだわり方は、
郡を抜いています。

 どのドックフードにしようか迷っているんだったら、間違いなくこれでOK!!

 一日の食費も約120円という高コストパフォーマンス。

第2位 カナガンドックフード

 [商品レビュー]

  犬の体調を整える為に専門的に作られた商品。アレルギーや太りすぎに効果抜群

  全犬種対応で、食いつきはなんと驚きの100%!!野生本来の体に戻すことを基本理念としている

 特に太りすぎのワンちゃんに効果抜群!!栄養が効率よく吸収されるので、ワンちゃんが食べ過ぎません。

  ワンちゃんが消化できない穀物を一切つかっていません(グレインフリー)。なので、穀物アレルギーのワンちゃんにはこれしかないでしょう。

 一日の食費も約120円という高コストパフォーマンス。

第3位 ファインペッツ

 [商品レビュー]

  愛犬の毛並みやウンチの状態を完璧にコントロールしてくれる。ファインペッツ1つでOK。

  全犬種対応で、保存料や人工添加物は一切使っていない。

  ダニや穀物アレルギー、内臓疾患等、様々な食に関する病気にかからない体作りを手伝ってくれます。

 なんとお試し価格で、1kg2200円が1kg525円にまで安くなってます。
これは、驚きの業界最安値です!!

カテゴリー

コメントを残す