目の周りが赤くなった9歳のヨークシャが、病院で薬漬けにされないために大切なこと


 
 
『一生、付き合っていく病気です』
 
 
目の赤みに苦しむ9歳のヨークシャテリアの治療で
獣医に言われた言葉が、あまりにショックだったという・・・
 
 
 
9歳になって、突然、足の裏の赤み、
そして、目の周りの赤みが出始めて、
 
かゆそうにしている姿は、
あまりにかわいそうでたまらなかった・・・

 
 

 
 
と、飼い主の方は話してくれました。
 
 
 
 
そんな飼い主さんに、
ある獣医が言い放ったのが、冒頭の言葉。。。
 
 

 
 
よくまあ、「一生、付き合っていく病気」とか
軽々しく言えるもんですよねぇ。。。

 
 
こんにちは。
 
あまりに盲目的に獣医さんを信じるのは
危険!ということを知っている
マイスターYukiです!
 

 
 
 
 
 
9歳になって突然、目の周りの赤みに悩まされた
ヨークシャテリアの飼い主さんから、相談を受けたとき、
 
 
「医者(獣医)の言うことだけを信じちゃだめ」
 
 
と、伝えました。
 
 
 
 
そのときは、逆に医者を批判する
Yukiのことを疑わしく思ったみたいですが(^_^;)
 
 
ドッグフードを変えて、
ヨークシャちゃんの目の周りの赤みが消えたので、

 
 
今は信じてくれてる!と思います(^^)
 
 
 
 
 

血液検査の結果、薬漬けにされるワンちゃん

 
 
 
ヨークシャの目の周りに赤みができて、
飼い主さんは病院へ連れて行って、診察を受けさせました。
 
 
病院では、血液検査までしてもらい、
その結果は、「アレルギー」が原因とのこと。
 
 
 
しかし、何のアレルギーか特定できないので、
 
取りあえず、痒みを止めるために、飲み薬と、塗り薬が
処方されたということでした。

 
 
 
で、獣医に言われたのが
「一生、付き合わなくてはならない病気」だと。

 
 
 
まあ、よくある話しではありますが・・・
 
 
 
ふざんけるな!!
 
 
って、本音では叫びたいところです。
 
 
 
 
でも叫びません(^_^;)
 
 
 
なぜなら、本当に獣医(医者)も、
アレルギーを治す方法を知らない
だろうから。
 
 
 
医者の不養生とは、よく言ったもんです。
 
 
 
 
 
薬や手術を使って、治すことは詳しいけど、
 
 
食事や運動などを活用して、
身体本来の治癒能力を上げることで、
病気を治していく

 
 
こういうことに対して、日本の医者は無知過ぎます。
 
 
 
だから、悪気はなくても、
結果として、ワンちゃんを薬漬けにしてしまうんです(>_<)
 
 
 
 

アレルギーの原因は、8割以上が食事と運動に

 
 
人間でも犬でも同じで、
アレルギーの原因は8割以上は、食事と運動です。

 
 
ちゃんとした食事と適度な運動をしていれば、
免疫力を向上させ、自然治癒力を高めることができます。
 
 
 
 
薬は、ワンちゃんを健康にしてくれませんよ?
 
 
 
薬はマイナスをゼロに戻すだけです。
 
もちろん、ゼロに戻してくれるだけでも、
ありがたいし、有効に活用していいと思います。
 
 
 
 
けど、薬でゼロに戻しても、
身体が本当に元気になっていなければ、
また、再発するんです。

 
 
 
人間でも、犬でも、猫でも、
これは、あらゆる病気にも言えることでしょう。
 
 
 
免疫力が低く、体力がなくて、
風邪を引きやすい不健康な人は、
 
病院で薬もらって治っても、
毎年、毎年、風邪を引くわけです。

 
 
 
一方で、何年も何十年も・・・
風邪なんか、いっさい引かない人もいる。
 
 
 
 
犬のアレルギーについても、
全く同じで、薬に一時的に頼ってもいいけど、
それは、ゼロになっただけ。
 
 
 
大事なのは、その後、
どれだけワンちゃんを健康体にできるか?

 
 
 
×:薬が「メイン」で、食事と運動が「サブ」
◎:食事と運動が「メイン」で、薬が「サブ」

 
 
こう考えるようにしましょう。
 
 
 
 

アレルギーの犬を健康体にするドッグフードの条件とは?

 
 
アレルギーに悩むワンちゃんを健康にするために・・・
そして、免疫力を上げ、自然治癒力をあげるために・・・
 
 
 
適切な食事(ドッグフード)の条件とは?
 
 
1.犬の自然治癒能力を上げる原材料を使っていること
2.アレルギーになりにくい原材料を使っていること

 
 
 
 
現時点で、この2つの条件を満たしていて
Yukiが一番オススメできるドッグフードは、これです!
 
 

鹿肉ドッグフード
 
 
 
 
その名の通り、鹿の肉を主成分としています。
 
 
鹿の肉は、犬の祖先・オオカミが食べていた肉で、
犬が持つ本来の力を引き出してくれる肉と言われています。
 
 
 
生の鹿肉から、1粒1粒作るので、
すごく手間がかかってるドッグフードです。
 
ふつう、作りませんね・・・大変すぎ(^_^;
 
 
 
その分、この鹿肉ドッグフードはパワーがすごい!
ワンちゃんにとっては、まさにエネルギー源!

 
 
 
 

鹿肉ドッグフードは、アレルギー対策としてもオススメ!

 
 
もう1つ鹿肉のメリットは、
圧倒的に、アレルギーになりにくいということ。

 
 
 
 
鶏肉アレルギーって、聞いたことありません?
 
 
 
鶏肉、牛肉、卵、米・・・
このあたりが、ワンちゃんに多いアレルゲン。
 
 
 
最近、ラム肉アレルギーの子も増えてきました。
 
ラム肉を使ったドッグフードが
少し前から、増えたからかも知れません。
 
 
 
特定の原材料の摂取量が増えると、
アレルギーになる可能性も高くなりますからね・・・

 
 
 
その意味でも、鹿肉は今のところ安心です。
 
 
 
また数年後、十数年後には、状況は変わるかもしれませんが、
 
 
状況が変わったら、
そのタイミングで最適なものを選ぶだけ・・・
 
結局、それが大事なんだと思います。
 
 
 
今食べてるもの、過去から続けてること
そういうもの縛られて、最適なモノを選ばない。

 
それが、一番避けるべき事態です!
 
 
 
 
今のあなたのワンちゃんにとって
最適なドッグフードを選んでいますか・・?

 
 
 
 

管理人

管理人

無添加ドックフードマイスターの「yuki」です。あなたとワンちゃんの最高の幸せをサポートします。無添加ドックフードに関しての質問も受け付けているので、お気軽にどうぞ。

無添加ドックフードランキングBEST3

第1位 ナチュラルドックフード
(NDF)

 [商品レビュー]

 イギリス産の無添加ドックフードで、
現在一番売れている商品。

 天然のハーブを保存料代わりに
使うなどのこだわり方は、
郡を抜いています。

 どのドックフードにしようか迷っているんだったら、間違いなくこれでOK!!

 一日の食費も約120円という高コストパフォーマンス。

第2位 カナガンドックフード

 [商品レビュー]

  犬の体調を整える為に専門的に作られた商品。アレルギーや太りすぎに効果抜群

  全犬種対応で、食いつきはなんと驚きの100%!!野生本来の体に戻すことを基本理念としている

 特に太りすぎのワンちゃんに効果抜群!!栄養が効率よく吸収されるので、ワンちゃんが食べ過ぎません。

  ワンちゃんが消化できない穀物を一切つかっていません(グレインフリー)。なので、穀物アレルギーのワンちゃんにはこれしかないでしょう。

 一日の食費も約120円という高コストパフォーマンス。

第3位 ファインペッツ

 [商品レビュー]

  愛犬の毛並みやウンチの状態を完璧にコントロールしてくれる。ファインペッツ1つでOK。

  全犬種対応で、保存料や人工添加物は一切使っていない。

  ダニや穀物アレルギー、内臓疾患等、様々な食に関する病気にかからない体作りを手伝ってくれます。

 なんとお試し価格で、1kg2200円が1kg525円にまで安くなってます。
これは、驚きの業界最安値です!!

カテゴリー

コメントを残す