子犬に食べさせるドックフードの2大要素はこれ!!マイスターが詳しく解説します。


幼犬のドックフード選びについて、マイスターが説明します。

 

まだ子犬の頃のドックフードは誰しも気を使う物です。

 

私も実際、白菜とささみを牛乳で炊いた物を子犬の頃は与えていましたし、

 

 

とにかく消化のいいもので、栄養価の高い物をと考えていました。

そこで、子犬の頃のドックフードに絶対に必要な2大要素についてお話していきたいと思います。

 

子犬の頃に必要な餌の2大要素とは?

 

2014y02m01d_141237970

 

 

マイスターの私が提唱する子犬の頃の餌に必要な2大要素をお話します。

 

1、少量で栄養価が高い物。

 

2、消化吸収に優れている物。

 

 

この2つです。

 

子犬の頃は、消化器官も当然小さいですから、少量で栄養価の高い物が一番好ましいです。

 

例えば、「鳥のささ身」「白菜」「キャベツ」

 

などです。

 

 

これを牛乳で煮てあげるなどの、調理をした物が好ましいでしょう。

 

煮ることによって、消化の助けにもなりますし、吸収も早くなります。

 

そこで、ドックフードの幼犬用というのがありますが、

 

これは私的にはお薦めできません。

 

それはなぜかというと、

 

 

「穀物が加熱調理されて混ぜ込まれている可能性があるからです」

 

この穀物は犬は消化できない物なので、最悪、成長に害を及ぼします。

消化器官の発達不良などの原因のほとんどは、幼犬の頃に穀物を大量摂取したのが

原因なんて話を良く耳にする事がありますからね。

 

なので、成犬になっても穀物はNGなんです。

 

なので幼犬の頃から食べさせるドックフードのお薦めはこれですね。

 

「カナガンドックフード」

 

このドックフードは完全に穀物を排除している上に、

 

幼犬から成犬まで、一種類でOKな大変優れた無添加ドックフードです。

 

もし、あなたが幼犬に食べさせるドックフードを迷っているんだったら、

 

カナガンドックフードをお薦めします。

 

 

管理人

管理人

無添加ドックフードマイスターの「yuki」です。あなたとワンちゃんの最高の幸せをサポートします。無添加ドックフードに関しての質問も受け付けているので、お気軽にどうぞ。

無添加ドックフードランキングBEST3

第1位 ナチュラルドックフード
(NDF)

 [商品レビュー]

 イギリス産の無添加ドックフードで、
現在一番売れている商品。

 天然のハーブを保存料代わりに
使うなどのこだわり方は、
郡を抜いています。

 どのドックフードにしようか迷っているんだったら、間違いなくこれでOK!!

 一日の食費も約120円という高コストパフォーマンス。

第2位 カナガンドックフード

 [商品レビュー]

  犬の体調を整える為に専門的に作られた商品。アレルギーや太りすぎに効果抜群

  全犬種対応で、食いつきはなんと驚きの100%!!野生本来の体に戻すことを基本理念としている

 特に太りすぎのワンちゃんに効果抜群!!栄養が効率よく吸収されるので、ワンちゃんが食べ過ぎません。

  ワンちゃんが消化できない穀物を一切つかっていません(グレインフリー)。なので、穀物アレルギーのワンちゃんにはこれしかないでしょう。

 一日の食費も約120円という高コストパフォーマンス。

第3位 ファインペッツ

 [商品レビュー]

  愛犬の毛並みやウンチの状態を完璧にコントロールしてくれる。ファインペッツ1つでOK。

  全犬種対応で、保存料や人工添加物は一切使っていない。

  ダニや穀物アレルギー、内臓疾患等、様々な食に関する病気にかからない体作りを手伝ってくれます。

 なんとお試し価格で、1kg2200円が1kg525円にまで安くなってます。
これは、驚きの業界最安値です!!

カテゴリー

コメントを残す